応神天皇

応神=ヤマトタケルは朝鮮人だった 林順治 河出書房新社

歴史愛好家とは、非常に不思議なもので、得てして信者になりがちです。ある人の説に感激すると、その人の言うことは闇雲に信じて疑わなくなります。ベスト本に名前を載せている作家の方々にも、狂信的な信者がいらっしゃることは有名です。まあ、大学でも先生の論文を踏まえて論を進めるわけですから、似たり寄ったりではあるのですが。さて、林順治さんは、どうやら石渡信一郎さんの狂信的信者であるようです。石渡氏の説を、自分の見方を加えて力説されています。結果、久し振りに読むのに疲れる本と出合ったというのが感想です。普通なら、自分の持つ知識と照らし合わせながらふむふむと読み進めていくのですが、「えーなんで?辻褄があっている?」と常に読み返しを求められます。この書の原点は、応神天皇が百済21代の王である蓋鹵王(がいろおう)の子で、日本に人質にだされた徐昆支であるという説です。全てはそこから出発しています。(但し、林氏は蓋鹵王(コウロおう)の弟であったと、韓国の定説も否定されています。)。突っ込みどころは山程あるのですが、そもそも三国史記の中には、文周王の三年秋七月に「内臣佐平昆支卒」と書いてあります。佐平は一等官ですから、百済で重責を追った臣であり、476年に百済で亡くなっていることになっています。宋書百済伝に出てくる余昆は、昆支であったのでしょうが、458年に征虜将軍になったと書かれています。日本書紀によれば、461年に日本に質としてやってきます。少なくとも、蓋鹵王がなくなる以前に、百済に戻っていたのだと思います。ちなみに、応神天皇陵は5世紀初頭につくられた墓です。どんなに頑張っても、5世紀初頭に日本で巨大な墳墓を造ることはできないのです。(売店で販売中、送料無料です。書籍をクリックしていただくと売店に飛びます。)
Pasted Graphic 4

読みやすさ  ★★★
着想の奇抜さ ★★★★
論理の力強さ ★

応神天皇の正体 関裕二 河出書房新社

スクリーンショット 2013-04-04 15.49.52
古代史の定説をわかりやすく、整理し体系化されています。世の中ではまたは歴史の学会では、河内王朝の存在をどのように捉えているのかがよくわかります。応神天皇を中心として、幅広く様々な説を紹介いただいているのは良いですが、残念ながらもう一歩踏みこんでの独自論が弱いように思います。原因は、魏志倭人伝に出てくる「台与」の国が豊国だという論(妄想と言っては失礼かと思いますが)に取り憑かれておられるため、それ考え方から歴史を眺めておられるからだと思います。
宇佐神宮は、確かに秦人達(新羅から移り住んだ人々)が祀った神であることは私も賛成です。しかし、大宝律令の戸籍調査でも豊国に住んでいた秦人は281人しかいないのです。
邪馬台国九州説は九州説でも良いのですが、大和王朝が歴然と存在していた後、応神や仁徳が登場していることも忘れないでいただければと思います。
ちょっと残念です。(売店で販売中、送料無料です。)
Pasted Graphic 4

読みやすさ  ★★★★
着想の奇抜さ ★★★
論理の力強さ ★★★